R&Fモール・ジョホール・バルが、R&F開発部門のベスト・リテール–開発賞を受賞

新たに開発されたR&Fモール・ジョホール・バルでは、屋内と屋外が組み合わさったデザイン、マレーシア初のアンカー・テナント、そしてシンガポール-マレーシアの税関・出入国管理・検疫局(CIQ)に近接する戦略的な立地により、「まったく新しい次元でのショッピング」が約束されています。マレーシアの熱帯気候、そして地域の都市住民や隣接するシンガポーからの訪問者など、国際訪問者が求めるライフスタイルに共鳴する最新のショッピング・モールのデザインを提供しています。

R&F開発社によって建設されたこのモールは、マレーシア南部のジョホール検問エリアにおいてこの種の最初のリテール・プロジェクトであり、著名な香港の開発企業向けに2019年4月に開催された第6回プロパティグル・アジア 不動産賞(マレーシア)において、ベスト・リテール開発賞を獲得しています。中国を拠点とする広州住宅建築計研究所は、建築、インテリア・デザイン、造園の分野においてを監督を務め、受賞に値する現代的なマレーシア・モールのビジョンを作成するために広範なサポートを提供しています。

便利な屋根付きの橋は、地下駐車場を備え、総床面積80万平方フィートをカバーし、また総賃貸面積が532,000平方フィートを誇る3階建てのモールをCIQとリンクさせています。曲線状の湾曲したインテリア・デザインは屋内と屋外の両方のスペースにつながっており、目的に合ったレジャー重視の環境、そしてリラックスした雰囲気をもたらしています。このようにリテール・フロア全体に光、空気、開放感を浸透させることにより、熱帯気候と調和させています。
結果として、この創造的なデザイン・コンセプトを称賛した審査員パネルにより、R&Fモール・ジョホール・バルのリテール体験に新たな次元を追加したことが認められています。「R&Fモール・ジョホール・バルの流れるようなオープン・エアのデザインは、見た目にも心地よく、活気に満ちた雰囲気を作り出しています。複数のタワーに囲まれているにもかかわらず、箱型のショッピング・センターの構造とはまったく正反対のものです。」

このライフスタイル主導型のプロジェクトは、都会の環境の中にリテール・オアシスを生み出し、並木道、ポケット・パーク、熱帯植物​​、そして思考を凝らしたとてもシックでくつろげるガーデン・スタイルによって共有エリアを作り出しています。一方、テーマ・イベントやフェスティバルによってコミュニティの雰囲気が高められ、ショッピング・モールに躍動感を与えています。屋外ダイニングのコンセプト、セミオープン・プラザ、モールの機能的かつ順応性に優れたスペースも流動性を高めています。

著名かつ国際色豊かなテナントは、R&Fモール・ジョホール・バルを海外進出先として選択することにより、当プロジェクトに話題性を呼び込んでいます。これらには、ジャヤ・グローサーやカール・ジュニア、また子供向けの教育センターとなるキッドモが含まれます。国際的に知られるもう一つの名前として、中国のエンペラー・シネマが挙げられます。東南アジアで初めてモール・デビューし、最新の豪華な映画を提供しています。

リテール・プロジェクトの低層デザインには、創造性を感じさせない巨大な空調構造がもたらす閉塞感はなく、自然の要素から切り離されることのないショッピング体験の魅力を常に放っています。同時にエンターテインメント、有名ブランド、ダイニングおよびレジャー施設など豊かなバリエーションを提供し、コミュニティーの雰囲気あふれる充実した購買体験が約束されています。

R&Fモール・ジョホール・バルは、5つ星ホテル、オフィス、商業エリア、住宅などを含むR&F プリンセス・コーブ開発の一部です。

 

pgsgsmall


コメントを残す